概要

「日本という国に生まれて」

惟神道(かんながらのみち)、つまり神道である。
日本の国家形成の基礎を為す神道。
森羅万象に神が宿るとした日本人である我々。
神は守護として地域や共同体を、自然災害や、あらゆる災厄から護ってくれる。
我々は、遂にその紀州の山深くに、それを感じにルートを伸ばす。
しかも年に2回の大会を夏と秋に全く同じフォーマットを使う。ルートも宿も同じなのだ。
そこは、熊野古道や高野を巡る日本の精神世界。
それは熊野本宮大社、熊野速玉大社、十津川村には最古の玉置神社、
熊野那智大社の熊野三山を巡る参詣道の脇を走る林道群。
SSERは田辺市の協力のもと、世界遺産の景観の中を走り神秘的な体験をする。
雨の季節、どれほど濡れてもビバークは温泉宿。
われわれは日本という国に生まれた。そのすばらしい記憶を呼び起こす、
そんなラリーが走りはじめる。

 

開催概要

大会名称

ツールドニッポン・シリーズ2022 Round-3

The 1st RALLY TOUR DE KII-CLASSIC TRAILS 2022 in Summer

第1回ラリー・ツールド紀伊街道2022

開催日

2022年7月16日(土)~7月18日(月・祝日) 3日間

開催場所

紀伊半島

 

日程

No内容日付その他
1.エントリー受付開始4月5日
2.エントリー締切7月1日
3.公式通知発送7月5日
4.前日受付・車検7月15日17:00-19:00
5.受付・メディカルチェック7月16日07:00-08:45
6.車検 7月16日07:00-09:00
7.ライダースブリーフィング7月16日09:15-09:45
8.第1日目 約250km 7月16日10:00スタート
9.第2日目 約300km7月17日
10.第3日目 約200km 7月18日
11.リザルトの発表と表彰はWeb上で行う
12.解散 7月18日15:00 まで

 

エントリー費

79,200円 (税込)
2022年7月1日締切
  • エントリー書類受付締切 7月1日の必着厳守。
  • 別紙の申込書に必要事項を全て記載の上、車検証または登録証、自賠責保険証、運転免許証及び健康保険証の(写しの添付)をし、エントリー費を添えて申し込む。
  • 顔写真(胸から上・無帽)の提出は証明写真4cm×3cm(縦×横)を申込書に貼付、または400×500pixel以上のJPEGデータをメールにてsupport@sser.orgへ送る。

SSERでは本年より「ゆうちょ銀行」の振込口座が変更になりました。
新しい口座番号は、大会概要をご確認下さい。

 

エントリー書類ダウンロード

 

オンラインエントリー

 

新型コロナウイルス感染対策ポリシー

  1. エントリー書類受付締切7月1日の必着厳守
  2. 到着受付の簡素化のため、7月1日までに顔写真、車検証または登録証、自賠責保険証、運転免許証及び健康保険証の(写しの添付)を提出し、手続きを行う。不完全なものは受付けない。
  3. 参加する者は自宅出発時に検温を実施し37.5度を超える者は参加を自粛すること。受付が完了した者には、公式通知(参加受理書)とともに民間の抗原検査キットを送付する。各自で当日までに陰性の確認をすること。この結果に対して主催者は関知しない。
  4. 大会開会式は行わず、連絡やブリーフィングはミニFMによる放送で実施
  5. 宿泊はホテルで宿泊する。
  6. 食事はホテル内の食事などで対応する。
  7. 毎日のゴール後パルクフェルメは実施しない。
  8. リザルトの発表と表彰はWeb上で行う。
  9. ゴールしたあとラリーは完全に終了する。総合のゴールはマキシマムタイムで15:00を設定している事を事前に通達しておく。ゴールした時点で自由解散である。